慢性的な人手不足に陥っている医療現場。資格が必要な業務から、無資格で対応可能な業務まで。多様な業務が混在していることが原因のひとつです。 

日本リック株式会社
フルタイム 【人材サービス活用事例】
看護助手派遣により看護師負担軽減と看護加算獲得を実現
看護師の業務量が多くて残業続き。一方で、看護師を採用するとコストがかかる。看護業務の負担を軽減したいが、患者様のケアも充実させたい。また、効率的な人員配置・看護ケアの充実により、看護加算も満たしたい。

スマホ設定作業の切り出しで売上・利益の拡大を実現
業務が増え、増員を図ろうと考えるときは、現在の業務を見直すチャンスと捉えることが出来ます。対象業務の分割は、外部人材の有効な活用だけでなく、業務全体の効率向上を実現することが出来ます。

業務から環境への人選視点の変更で最適人材をマッチング
即戦力を希望するがあまり、担当業務に注目しがちな派遣スタッフの人選。しかし、同じ業務であっても、職場環境が違えば、進め方も周囲の方々との関係性も、大きく変わってくることを忘れてはいけません。

毎月発生する集中業務には派遣社員のレギュラー化で対応
繁忙期故の外部人材活用も、人員が不安定化すれば、必然的に業務効率が低下します。緊急性の高い業務故、安定的な労働力の提供には、後方支援可能な社内体制の構築も重要な要素です。

ニッチがゆえに重要な業務特性とキャリアのベクトル合わせ
「チューター」は、学習塾や予備校で、生徒と講師との橋渡しを行う上でのキーマン。生徒の相談に対応はもちろん、保護者対応なども必要です。幅広い年齢層への対応力と素養を有する人材が必要です。

中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模な開発プロジェクトの計画が進むも、担当者の工数は既にオーバーフロー気味。予想されるプロジェクトの始動直後からの混乱と遅延の回避策は…!?

業務密着型派遣と開発委託の組み合わせで業務効率をアップ
業績は好調、増え続ける受発注。しかし、個々に進める業務が、データや情報の増大と分散を促進。情報整理をしようにも糸口が見つからない。業務全体の把握と効率化には、派遣と委託両サービスの重複活用が有効。

ターゲット業務を見直し、派遣人材の活用で納期遵守
理想通りの人材を確保出来れば、作業は順調に進む。しかし、ニーズの高い人材は、その確保もままならない。人に依存して作業を進めるべきか、作業を完了させることを目的に業務をデザインするべきか。

人材活用・BPOサービス導入について問合せする
ご不明な点、サービスの詳細などのご連絡は下記お問合せ窓口にご相談下さい

お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
お問合せフォームへ
PAGE TOP▲