日本リック社員インタビュー福住卓也 

日本リック株式会社
福住 卓也(フクズミ タクヤ)- 先輩社員の声
日本リック株式会社 福住 卓也(フクズミ タクヤ)
— 前職はどんな仕事をしていましたか?
前職では、保育に特化した人材会社で営業兼コーディネーターをしておりました。
名古屋支店のオープニングスタッフとして入社し、まだ店舗が出来上がる前から支店長と二人三脚で一から支店運営に携わりました。新規営業を始め、求人広告の掲載、応募者の対応や面接同行など、さらには契約書やスタッフさんの給与計算、保険加入手続きなども行っていました。
— いま携わっている仕事・役割について教えてください?
現在は、名古屋オフィスの一員として、営業から派遣スタッフの皆さんのフォロー、事務作業まで一通り行っております。
その中で、主に一般事務や販売系の職種をメインに担当しております。大手家電メーカー販売や某モバイル販売などのお仕事を取り揃えております。
— 入社前と入社後のギャップはありますか?
前職が人材会社だったのと、使用しているシステムが一緒だったので、特に入社後は使い方に困るなどといった事はありませんでした。
ですが、対応職種が違う点で、一からその業界を学ばなければいけないのは苦労しました。
それに加え、業務のやり方や考え方が前の会社とは大きく異なっていたので、意識を変えるところから始めました。
— この仕事を通じて、何が身につきますか?
私たちは一人で何十人もの派遣スタッフさんを担当することになるのですが、そこで悩みや意見を聞きます。
その内容は十人十色で、様々なケースの対応をすることになります。もちろん対応力はつきますし、自分の固定観念に囚われず、こうゆう考え方もあるんだと発見出来ることもあります。
もともと私は話し手で自分の事ばかり話していましたが、今では聞き手に回ることが出来るようになりました。
— 仕事をしていく上で、心がけていることはどんなこと?
一番気を付けていることはレスポンスの早さです。ここが人材会社に勤めるにあたって重要なポイントだと思っています。
私たちは派遣スタッフさんと派遣先さんの間に入って、職場見学や就業開始日の調整などを行ったりします。そこで派遣登録から就業開始までの間が空けば空くほど、仕事に就いていただく率が落ちてしまいます。
ご応募いただいたのも何かの「縁」ですので、皆様が満足できる結果になるように日々努めています。
— 自分なりのストレス解消やリラックス方法は?
休日によく友達と集まって麻雀(いわゆる家族麻雀)をします。麻雀は世間的に良いイメージがありませんが、普通にゲームとして考えればとても素晴らしいものなのです。
将棋や囲碁などは先の先を読んで攻略するゲームですが、麻雀は効率を重視したゲームでもあります。これがまた仕事でも効率を考えて動くようになりました。
さらに近年ではボケ防止のために老人ホームなどでは麻雀卓を置いているところも増えています。
みんなと卓を囲んでワイワイ会話も楽しめてコミュニケーションも取れる最高の解消法です。
— 日本リックをどんな会社にしていきたいですか?
「日本リックに登録したからこんな会社(派遣先)に出会えた」「日本リックに人材をお願いしたからこんな良い人に巡り合えた」などと言ってもらえるような会社にしたいです。
これは今までもそうしてきたように、これからもそう思ってもらい続けることが、私たちの使命だと思っています。
それには一人ひとり親身になって向き合っていくことが大切です。
その代わり、やりがいはとても感じることのできる仕事だと思います。
PAGE TOP▲