東 裕樹(ヒガシ ユウキ)日本リック社員インタビュー 

日本リック株式会社
東 裕樹(ヒガシ ユウキ)- 先輩社員の声
日本リック株式会社岡 朱美
— ひと昔前、どんな学生でしたか?
私は出身地の鹿児島で大学生をしていました。
また、経済情報学科という経済や情報処理に関して勉強する学科で、主に鹿児島の経済や観光誘致等について学んでおり、ゼミの仲間と一緒に観光地や離島などによく行ったりしていました。大学の2年生になった頃には、休みや空いた時間を利用して、これまでとは違った経験をしてみたい、また、今後社会に出て行く上で自分自身で”お金を稼ぐ”ということを経験したいという思いから、友人からの紹介を経て、派遣社員として量販店内の販売業務(ISPヘルパー)に従事していました。
— なぜ日本リックに入社を決めたの?リックの魅力とは?
一つのキッカケは、自分自身が派遣社員として働いていたことです。
まだ、当時は働いたことも、社会に出る経験もほとんどなかった自分が、年齢も立場も全く違う人々の中で働くということは非常に貴重な経験でした。初めは何も知らなく色んな方に迷惑も掛けましたが、厳しくも優しく対応していただき、色々なことを学ばせていただきました。その経験から同じように、企業と働きたい人とを繋ぐ仕事をしたいと思いました。自分が就職活動の中でも感じたリックの魅力は、対応の柔らかい方が多く、また色々なタイプ(人柄)の方々が多くいるということです。
— 現在の仕事内容は?
この仕事のやりがいは何と言っても、”人と繋がる仕事”だということです。
様々な業界/業種の方に出会うことができ、様々な環境や考え方をもった方々と出会うことができます。
また、そのような方々と深く関わることで様々な知識を学ぶことができ、また一つのことにとらわれない考え方や人への接し方を学び、それらを活かすことができます。このことは他の仕事では経験することのできない、人生を通してのかけがえのない経験になると考えます。
— 仕事のやりがい、醍醐味・面白さって?
やりがいとして、”人と繋がる仕事”とさせていただきましたが、逆に人と深く接するからこそ、大変な仕事だとも感じます。人や、その考え方は十人十色で、その都度、臨機応変に応対しなければなりません。

また、求めるレベルなども千差万別です。また、スパイラルのように連鎖的に発生するものとなります。それらに対応していくことが一番大変なことではありますが、またクリアしていくことは一番の喜びにもなると感じます。
— この仕事をしていて大変だと思うことは?
明確な夢やキャリアビジョンというわけではないですが、まだまだこの仕事の中で改善していきたいことや、チャレンジしてみたいことが多くあります。今はそういった自分自身のやるべきことや、出来ることをしっかり見据えて実行し、会社の一員としてリックを更に大きくできるよう貢献していきたいと考えています。

また、まだまだ未熟ですが、将来一緒に働いてくれる方や、スタッフさんにとっても、少しでも見本となれるよう頑張りたいと思います。
— 将来の夢やキャリアビジョンは?
実は「営業」という職種自体、自分自身、不向きだと感じていました。ですが、今では、とてもやりがいを感じていますし、私生活でも初対面の方とでも臆することなくコミュニケーションを図ることができるようになりました。
なので、今後も様々な方と積極的に交流していきたいですし、その経験を活かし、お仕事を探されているスタッフさんにも様々な提案をしていけるように頑張っていきたいです。
PAGE TOP▲