日本リック社員インタビュー安澤航 

日本リック株式会社
安澤 航(ヤスザワ ワタル)- 先輩社員の声
日本リック株式会社安澤 航(ヤスザワ ワタル)
— ひと昔前、どんな学生でしたか?
高校時代はひたすら部活の吹奏楽と勉強しかしてませんでした。大学では経済学部でファイナンスを中心に学びました。
毎朝耳にするニュースや新聞等で取り上げられる経済事情が、学んだ知識と結びついて理解に変わる瞬間が非常に印象的でした。

学業へ支障が出ない程度にオーケストラやバイトもはじめ、稼いだお金で小規模ながらも株取引などもしていました。充実した学生生活だったと思っています。
— 学生時代(就職活動時)に目指していた、志望していた業界は?
大学入学当初は経済学部ということもあり、やはり金融関係を考えていました。
ただきっかけは覚えていませんが、就職活動の解禁が近くなるにつれて「どんな形でも何かをサポートしたり、貢献できるような」仕事に興味をひかれるようになりました。かなり漠然とした言い回しですが、これははっきり自分の中で就職活動における、企業選定をするうえでの軸になった考え方でした。
いうなればサービス業全般を志望するように変わっていきました。
— なぜ日本リックに入社を決めたの?リックの魅力とは?
母校で開催された学内企業説明会に日本リックの社員の方が参加していて、詳しく話を聞くうちに人材派遣という仕事の可能性に興味を持ちました。
通り一辺倒で、一方通行な会社の説明ではなく、社員の方に自分の想像する仕事に対する考え方を聞いていただき、そのうえで親身にアドバイスして頂けたので非常に参考になりました。
その際、社員の方の人柄にもひかれ、そういった方々と共に仕事したいとも思い、入社を希望しました。
— 現在の仕事内容は?
国立の研究開発法人の情報システム部にて、社外正社員として、主に職員へのネットワークサポートに従事しています。
— 仕事のやりがい、醍醐味・面白さって?
入社してビジネスマナーやIT研修を受け、今の現場に配属されました。
定常業務はそつなくこなせるようになり、業務の効率化を試行したりしていますが、より自分に知識や技術があればもっといろんな仕事ができるようになれる可能性が沢山あると日々感じます。

無数に存在し、また増えてゆく技術に対して個人が働ける時間というのは短いですが、その中でも何か一つ精通すれば活躍できるところにとてもやりがいを感じています。
— 逆に、この仕事をしていて大変だと思うことは?
まだ初めて間もないのですが、やればやるほど広く見えてくるこの業界に対して戸惑いを感じるところです。
すべての分野を網羅した人間になることは不可能だとは承知していますが、人の仕事を見ると、どれも魅力的に感じてしまうので、今のところはまず一つ、広くより深く習熟してそこに肉付けしていくように進歩できたらいいなと考えています。
— 将来の夢やキャリアビジョンは?
今興味があるのは、情報セキュリティです。
今やIT技術の発達により、企業は場所や時間に縛られずに大量の情報をやり取りできる時代になりました。非常に便利な技術の反面、その恩恵の裏には情報漏洩事件に代表されるセキュリティインシデントが、企業の信頼を一度に失う危険性も存在しています。
これに対して、適切なセキュリティ対策や教育、企画設計運営などを行うような業務に携わっていけたらいいなと考えています。
— 就活生へのメッセージ
どれだけ入念に調べても、実際に入社するまではその企業をよく知るのは難しいです。
限られた時間で一生を左右する選択をすることは、なかなか勇気のいる事ですが、それでも社員と直接お話しすることで見えることはたくさんあります。

ぜひ説明会などに一度お越しください。人事という性質上、とかく企業側上位な印象を持つ方もいらっしゃいますが、学生側も企業を評価するという点では、対等な立場にあるということを忘れないでください。
PAGE TOP▲