BtoB、BtoC営業の新規顧客開拓、既存の得意先企業への巡回営業などを支援。営業支援ソリューション導入事例 

日本リック株式会社

営業支援ソリューション 導入事例

BtoB、BtoC営業の新規顧客開拓、既存の得意先企業へのラウンド(巡回営業)などお客様の営業・販売促進にかかる業務を幅広く支援いたします。
メーカ様 インバウンドサービス(オフィスサービス/受注)
分散していた受注窓口を、1拠点に集め一元管理。
課題
営業拠点(7拠点)にそれぞれ受注窓口(電話、FAX、メール対応)を設置していた。また受注処理は夕方がピークとなり、一日の中でも繁閑の差が大きいため、業務の効率化が課題にあがっている。そして夕方が受注のピークとなる関係で、どうしても社員の残業が多く労務管理上も運営体制を改善したい。
導入
営業拠点に分散していた受注窓口を、1拠点に集め一元管理にすることで課題に対応することにした。
業務効率が大幅に改善され、顧客からのニーズや問合せ内容を以前より的確に吸い上げることができるようになり、全社的に受注活動上の問題点の改善策もうてるようになった。
また、受注インバウンド対応を業務委託したことで、繁閑(時期・時間)にあわせた人員配置も任せることが可能となり、営業所長、担当営業の負担が軽減されたのはもちろん、いままで受注対応していた社員を販売活動支援に注力させることが可能となったおかげで、業務負担{労働時間)が軽減され、モチベーションもアップし営業拠点としての士気があがった。
(オフィスサービスソリューションを含めた提供)
商社様 アウトバウンドサービス
営業工数(ムダな時間)を削減、来期の見込み客も創造。
課題
営業計画にあわせ、新規・休眠ユーザへの営業展開を企画。
営業担当員の人数は限られているなかで、効率的に最大の成果をだしたい。
導入
無駄な移動時間、無駄なドアノック等の営業工数(ムダな時間)を削減するために、アポイント取得を目的としたテレアウトバウンドテレコールを実施し、アポイント取得後にお客様社員が訪問営業してクロージングする体制で運営。
日本リックにおいてトークスクリプトの作成、テレコールしてアポイントを取得するまでのフェーズを、お客様の営業強化期間にあわせ年間4回にわけて実施。
限られて人員・時間のなかで、営業計画を達成。来期の見込み客も創造するこができた。
また、併せて資料送付を希望されるお客様への発送業務も支援することで、営業事務作業の負担も軽減することができた。
メーカー様 ルート営業(ラウンダー)
対応しきれなかった、各販売店舗へのきめ細かい支援(サポート)が実現
課題
自社社員は、営業企画、店舗開発が中心となっているため、店舗把握については報告会での店長からの情報収集が中心で、
販売店舗へのきめ細かいフォローを提供する時間をとることができない。新製品の販売に合せ、販売店舗スタッフへ製品についての周知、販売方法についてポイント理解を徹底し、売上UPを図りたい。
導入
新たにラウンダー(巡回営業)専門部隊をで立ち上げ、各販売店舗への様々なフォローを実施。
スタッフ確保から、対応営業員への研修、営業部隊の日々の運営、報告まで一括してアウトソーシングを導入。

・新商品の説明会・勉強会の開催
・販促物の説明
・ディスプレイ、POP等の他店舗ベストプラクティスの共有
・在庫補充支援
・顧客(エンドユーザ)の声の収集、営業企画へのフィードバック

販売店舗に依存していた店舗・販売運営を様々な側面でフォローする事で、店舗販売スタッフにも情報周知が徹底され、
販売UPはもちろん、製品・サービス内容が周知されるこことで、顧客(エンドユーザ)からの問合せ・クレーム対応が軽減。

放送局 契約・収納サービス
マネジメントノウハウを駆使し、適正な営業活動を実現。
課題
3か年経営計画で、営業改革のひとつとして「効率的な業務体制の構築」を掲げ、民間事業者への外部委託の拡大に取り組んでいる。
エンドユーザへの新規開拓営業の運営ノウハウがあり、一括して任せられる委託先を探している。
導入
お客様のお宅を1軒1軒訪問して、テレビの設置、転居の有無等を確認し、受信料に関する各種お手続きを実施。
実際の契約・収納業務はもちろん、行う訪問員の方々の採用・育成・管理等のマネジメントまで対応。特にコンプライアンス、適正な営業活動をモットーに運営。
・新規契約
・住所変更
・地上契約から衛星契約への変更
・口座振替等への支払方法変更 
など を業務委託にて運営。
導入メリット
導入事例
人材活用・BPOサービス導入について問合せする
ご不明な点、サービスの詳細などのご連絡は下記お問合せ窓口にご相談下さい

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

お問合せフォームへ

PAGE TOP▲