慢性的な人手不足に陥っている医療現場。資格が必要な業務から、無資格で対応可能な業務まで。多様な業務が混在していることが原因のひとつです。 

日本リック株式会社
長期(3ヶ月以上) 【人材サービス活用事例】
看護助手派遣により看護師負担軽減と看護加算獲得を実現
看護師の業務量が多くて残業続き。一方で、看護師を採用するとコストがかかる。看護業務の負担を軽減したいが、患者様のケアも充実させたい。また、効率的な人員配置・看護ケアの充実により、看護加算も満たしたい。

スマホ設定作業の切り出しで売上・利益の拡大を実現
業務が増え、増員を図ろうと考えるときは、現在の業務を見直すチャンスと捉えることが出来ます。対象業務の分割は、外部人材の有効な活用だけでなく、業務全体の効率向上を実現することが出来ます。

毎月発生する集中業務には派遣社員のレギュラー化で対応
繁忙期故の外部人材活用も、人員が不安定化すれば、必然的に業務効率が低下します。緊急性の高い業務故、安定的な労働力の提供には、後方支援可能な社内体制の構築も重要な要素です。

ニッチがゆえに重要な業務特性とキャリアのベクトル合わせ
「チューター」は、学習塾や予備校で、生徒と講師との橋渡しを行う上でのキーマン。生徒の相談に対応はもちろん、保護者対応なども必要です。幅広い年齢層への対応力と素養を有する人材が必要です。

中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模な開発プロジェクトの計画が進むも、担当者の工数は既にオーバーフロー気味。予想されるプロジェクトの始動直後からの混乱と遅延の回避策は…!?

放置駐車違反に係る受付及び処理業務を受託運営
不安定な作業量。日々変わる必要人数。柔軟な人員配置が求められる業務には社員を固定的に配置出来ない。人数・知識・品質、全てを担保した業務遂行実現の為には多くの課題が山積している。

ターゲット業務を見直し、派遣人材の活用で納期遵守
理想通りの人材を確保出来れば、作業は順調に進む。しかし、ニーズの高い人材は、その確保もままならない。人に依存して作業を進めるべきか、作業を完了させることを目的に業務をデザインするべきか。

チーム体制による軽作業、アウトソーシングの活用
これまでの生産体制は定期的な小口の生産だったが、急遽、大口の生産依頼があり、対応しなければならなくなった。今いる人員だけでは圧倒的に工数が足りなく、また臨機応変な対応のできる人員が必要。

新規システムの導入時に、運用スタッフの派遣を活用
業務システムを新たに導入したが、それを管理する人材が不足し、また、既存のインフラ周りにおける運用管理も増え、管理者を増員したい。

社内システム関連の各種対応に派遣の活用
社内の基幹業務システムやソフト等に関する問合せ、システムトラブルの対応等がある場合に管理部門で対応を行っているが、時間を取られることが多く、その他の業務に支障をきたすことも多く、対応に苦慮している。

1 / 3123
人材活用・BPOサービス導入について問合せする
ご不明な点、サービスの詳細などのご連絡は下記お問合せ窓口にご相談下さい

お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
お問合せフォームへ
PAGE TOP▲