活用事例Case Study
適材適所こそが病棟業務効率化の切り札
病棟クラークの受け入れは、医師や看護師の業務負担を軽減するだけでなく、患者様との信頼関係構築にも寄与します。
画一的人材ニーズからの脱却で早期人員確保を実現
企業の実情と派遣スタッフのニーズの合致点を見出すことが、早期人材確保のみならず、人材の安定供給をも実現します。
業務特性に合わせた外部人材活用法の選択
人それぞれに個性があるように、外部人材活用にも特色があります。労働者派遣のデメリットをBPOサービスが解消することだってあり得ます。
高スペック人材の獲得は「急がば回れ」で解決
過去の経験は陳腐化することはあっても消え去ることはありません。陳腐化した経験も磨き方次第で即戦力として光を取り戻すことが可能です。
業務視点のパラダイムシフトと社員満足度の向上
労働集約色の強いデータセンター運用は、業務視点のパラダイムシフトによって、シフトにバッファを生み、社員満足度を向上させます。
事務作業軽減と診療報酬加算の獲得
医師事務作業専任の外部人材活用は、医師が提供する診療行為による患者満足度を向上させ、診療報酬加算の獲得をもたらします。
テスト工程の自動化で工数削減と品質UPを両立
外部人材の有する経験・スキルの投入が、既存の業務フローに新たな視点をもたらし、業務の効率化と品質の向上をもたらします。
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模なプロジェクトにおいては、推進過程における外部人材の活用ポイントを絞り込むことがテーマです。
機能面までのマッチングが効率的作業に不可欠
どんな仕事も、成功のためには事前準備が必要です。人材派遣における派遣先・派遣元の業務に対する物差し
外部講師活用による情報リテラシーの向上
年間数日のみの業務は、属人的となる上、通常業務に多大な影響を与がちです。外部人材の活用で、社員への負荷軽減と業務精度を向上を実現可能です。
最適な契約形態の選択でコンテンツ制作
外部人材の活用における契約形態は重要です。請負契約で活用するか、派遣契約で活用するかは、依頼する業務の性質により異なります。
看護師の負担軽減と看護加算の獲得
混在している看護師業務を棚卸の上、外部人材を活用。サービスの向上のみならず、看護加算制度の活用を実現させました。
派遣社員のレギュラー化で業務品質を維持
緊急性の高い業務故、安定的な労働力の提供には、後方支援可能な社内体制の構築も重要な要素です。
会場規模に合わせて運営スタッフを配置
会場規模に合わせて経験者を中心に、運営スタッフを構成。役割配置・スケジュール管理・運営サポートまでを総合的にフォロー