事務作業軽減と診療報酬加算の獲得

医師事務作業補助要員の受入れで働き方改革を加速
事務作業軽減と診療報酬加算の獲得

「働き方改革」の波は、業種・職種を問わず押し寄せてきます。医師の業務は、本来の専門性を活かして施すべき医療行為に収まらず、多くの周辺業務にまで及びます。外部人材の活用は、医師負担の軽減はもちろん、診療報酬加算点数の獲得も実現します。

課 題

・診察中の医師が患者よりパソコンに向かって話をしている時間が長く、患者満足度が上がらない
・医師が本来の業務(医療行為)に専念できるよう、カルテ入力や書類作成業務を減らしたい
・直接雇用によって人員を増やすことによる人件費は出来る限り抑えたい

解 決

○診察室にて電子カルテ代行入力を行ったり、診断書・紹介状の下書き作成が出来る専任事務員を配置
○診療報酬の加算対象となる医師事務作業補助者を採用

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■医師が担当している各業務を「資格を要する業務」と「無資格で対応可能な業務」に分類
■医師事務作業補助業務の内容精査し、適材適所に事務員を配置
■医師事務作業補助として必須受講状況の管理

医師は、医療行為以外に電子カルテ入力、診断書・紹介状作成といった医師資格を要しない業務もあれば、診断や医療行為まで、多岐にわたっています。その業務範囲の広さ故、医師の負荷は増大。本来、資格を活かして行うべき「医療行為」を実施したいときに、資格を要しない業務に時間を取られるなど、様々な不都合が生じています。

この問題を解消するため、医師資格を要する業務とそれ以外の業務に分類。資格を要しない業務を、診療支援に限定し医師事務作業補助に割り当て、「補助員」として、外部人材を配置しました。また、補助員個人の能力による差が出ないよう、診断書・紹介状・保険会社書類・等の文書を専門とする複数人部署を増設、チームで医師のサポートが出来るよう得意能力を活かし活躍しています。

活用事例

事務作業軽減と診療報酬加算の獲得
医師事務作業専任の外部人材活用は、医師が提供する診療行為による患者満足度を向上させ、診療報酬加算の獲得をもたらします。
テスト工程の自動化で工数削減と品質UPを両立
外部人材の有する経験・スキルの投入が、既存の業務フローに新たな視点をもたらし、業務の効率化と品質の向上をもたらします。
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模なプロジェクトにおいては、推進過程における外部人材の活用ポイントを絞り込むことがテーマです。
機能面までのマッチングが効率的作業に不可欠
どんな仕事も、成功のためには事前準備が必要です。人材派遣における派遣先・派遣元の業務に対する物差し
外部講師活用による情報リテラシーの向上
年間数日のみの業務は、属人的となる上、通常業務に多大な影響を与がちです。外部人材の活用で、社員への負荷軽減と業務精度を向上を実現可能です。
最適な契約形態の選択でコンテンツ制作
外部人材の活用における契約形態は重要です。請負契約で活用するか、派遣契約で活用するかは、依頼する業務の性質により異なります。