主観的自社採用がもたらす職場内でのミスマッチ

業務対応範囲を広げるストレスフリーな派遣マッチング
主観的自社採用がもたらす職場内でのミスマッチ

職務経歴書や面接を通じて得られる求職者からの自己申告情報のみによる採否判断は、ときに大きなミスマッチを生じさせます。経歴・スキルや職場適性を客観的ものさしではかることが出来る外部人材の活用法をご紹介します。

課 題

・ハローワークや求人媒体を活用し自社で直接採用した社員が長続きせずに辞めてしまう
・採用面接を通じ候補者の経験やスキルを確認するが、実態との相違がありミスマッチが多発している

解 決

○登録面談を通じた候補者の経験・スキルを客観的に把握することで、業務とのミスマッチを回避
○候補者の適性検査結果から職場環境への適性や有効な指揮命令方法を把握
○就業開始後のフォロー通じ業務へのモチベーションを喚起、習熟度に合わせ業務幅の拡大も実現

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■入力速度や正確さ、Word・Excel機能ごとの習熟度を客観的に把握し、業務に適したスキルを有する派遣社員を配置
■正確さを要求される単独業務であること踏まえ、周囲からの独立心が強く、慎重に作業を進める特性を有する人材を選定
■当初予定していた業務の習熟度がましたことを受け、派遣契約を見直し新たな業務を追加、本人のモチベーションアップを実現

多くの企業に存在する事務の仕事。各企業に存在する業務が故に、その経験を有する方も多数存在します。ところが、その進め方は様々。人材がその能力を十分発揮するためには、業務経験の有無だけでなく、仕事を行う環境やその進め方までもマッチング要素に含める必要があります。当社では、派遣登録の際、適性検査を実施することで、業務経験でのマッチングはもちろん、業務環境や仕事の進め方への特性を有する人材をご提案することが可能となっています。

こうした環境とのマッチ度が高い人材は、日々ストレスなく勤務することが可能となり、業務の早期習得のみならず、潜在的に保有する能力やスキルを発揮する可能性も高くなります。今回の事例では、早々に想定業務を身に付けただけでなく、付加業務・周辺業務にまで対応範囲を広げることとなりました。

自社雇用社員が定着しないことばかりか、新たな業務を割り当てることに消極的な社員が多かったこの企業に取っては、能動的な取り組み姿勢を示す派遣社員の活躍により、派遣契約を見直し、業務範囲を拡大することで、外部人材を最大限に有効活用するノウハウも身に付けていただくこととなりました。

活用事例

主観的自社採用がもたらす職場内でのミスマッチ
経歴やスキル、職場適性は共通言語で測りにくいもの。こうした不確定要素を客観的なものさしで測ることで、外部人材の最適なマッチングを成就します。
業務の言語化と参入から定着までの伴走支援
派遣社員有効活用の肝は受けれ前の業務設計にあります。派遣社員に適した業務、社員に適した業務を言語化することで、生産性・正確性を向上させます。
顧客満足度向上とメンター機能を実現するベテラン派遣社員
多忙な業務を適切に切り分け、顧客視点に立った人材調達を行うことで、顧客満足度の向上と、店舗全体の負荷軽減を実現することが出来ました。
テレワークがもたらすプロジェクト完遂と人員確保
新型コロナウィルスの感染拡大を契機に拡大したテレワーク。開発プロジェクトにおけるテレワークの実現性とは?その結果とは?
基幹システム完成の肝はフルタイムからの脱却
比較的若い言語であるRuby。希少価値の高いエンジニアの確保は、時短やフルタイムといった就業条件ではなく、本来の目的に則した人選が必要です。
適材適所こそが病棟業務効率化の切り札
病棟クラークの受け入れは、医師や看護師の業務負担を軽減するだけでなく、患者様との信頼関係構築にも寄与します。