会場規模に合わせて運営スタッフを配置

全国で実施される国家試験の会場運営受託
会場規模に合わせて運営スタッフを配置

全国で一斉に実施される試験運営に際し、同日に多くの運営スタッフを必要とし、また運営のため指揮できる人材が必要となるが、社員だけでは不足してしまう。

課 題

全国で一斉に行われる試験運営に際し、同時期に多くの人材が必要。
また運営のため指揮できる人材が必要となるが、社員だけでは不足してしまう。

解 決

・登録者の中からスキルや要望にあった経験者をご提案
・人数、規模に応じて経験者やリピーターにより増員への対応

日本リック営業担当の取組み・提案内容

現職中・求職中・学生等、短期・単発での就業を希望するスタッフを常時確保

その中から、会場規模・必要人数に合わせて、運営スタッフの就業先をアサイン。
例年実施される試験の為、前年に稼働した経験者を中心に運営スタッフを選抜・構成。
会場によっては数百名単位での運営となるため、スタッフの役割配置や当日のスケジュール管理等、運営のサポートまでのフォローを実施。

活用事例

伴走型研修が一人ひとりの生産性向上に寄与
社員一人ひとりが、自分の業務に適した、自分の手によるRPA化を実現することが、短期間で業務の自動化・生産性向上を実現する切り札となります。
主観的自社採用がもたらす職場内でのミスマッチ
経歴やスキル、職場適性は共通言語で測りにくいもの。こうした不確定要素を客観的なものさしで測ることで、外部人材の最適なマッチングを成就します。
業務の言語化と参入から定着までの伴走支援
派遣社員有効活用の肝は受けれ前の業務設計にあります。派遣社員に適した業務、社員に適した業務を言語化することで、生産性・正確性を向上させます。
顧客満足度向上とメンター機能を実現するベテラン派遣社員
多忙な業務を適切に切り分け、顧客視点に立った人材調達を行うことで、顧客満足度の向上と、店舗全体の負荷軽減を実現することが出来ました。
テレワークがもたらすプロジェクト完遂と人員確保
新型コロナウィルスの感染拡大を契機に拡大したテレワーク。開発プロジェクトにおけるテレワークの実現性とは?その結果とは?
基幹システム完成の肝はフルタイムからの脱却
比較的若い言語であるRuby。希少価値の高いエンジニアの確保は、時短やフルタイムといった就業条件ではなく、本来の目的に則した人選が必要です。