外部講師活用による情報リテラシーの向上

同一講師による講習で学内システムのスムーズな活用を実現
外部講師活用による情報リテラシーの向上

学生生活の利便性を高めるために必要となる入学直後の講習会。年数日のみの講習会だからこそ、準備には多くの時間と工数がかかります。外部人材の活用が、その負荷を軽減し、学生の理解度を向上させます。

課 題

・学内では授業の休校連絡・学校からの事務連絡等を学内イントラネットシステムにて実施
・情報確認を目的として、学生一人ひとりにPCを貸与
・学生が滞りなく情報を受け取れるよう、システムにログインさせ、学内システムの利用方法を周知しなくてはならない

解 決

○入学直後の学生を対象に、PCセットアップ・学内システム利用に関する講習会インストラクターを、期間限定にて配置
○講習会を通じ、学生が個々にPCのセットアップを実施し、学内システムの利用方法を習得することで、遅滞ない情報伝達を実現

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■学内システム講習会経験を有するインストラクタを複数名確保し、講習内容を共有
■講習前後のナレッジ集約で、学生の理解度向上と講習精度の向上を実現

毎年4月、新入生が入学することで発生するPCセットアップ・学内システムの利用講習会。旧来は、学校職員が、行っていた講習会を外注化。例年実施する内容であるため、初回より「講習回数+α」のインストラクタを確保。毎年、同一のインストラクタによる講習の実施、講習規模に合わせたメイン・サブインストラクタの配置を行い、学生の理解度を深化・均一化。

講習後は次年度に向けレビューを実施。学生に多く見られる操作パターンや、予期せぬオペレーションによるシステムエラー等事例を蓄積。また、各年度講習前打合せによるシステム改修内容のメニューへの取り込みを行うことで、講習精度と学生の理解度向上を実現。講習会をスムーズに進行することが可能となりました。

活用事例

テレワークがもたらすプロジェクト完遂と人員確保
新型コロナウィルスの感染拡大を契機に拡大したテレワーク。開発プロジェクトにおけるテレワークの実現性とは?その結果とは?
基幹システム完成の肝はフルタイムからの脱却
比較的若い言語であるRuby。希少価値の高いエンジニアの確保は、時短やフルタイムといった就業条件ではなく、本来の目的に則した人選が必要です。
適材適所こそが病棟業務効率化の切り札
病棟クラークの受け入れは、医師や看護師の業務負担を軽減するだけでなく、患者様との信頼関係構築にも寄与します。
画一的人材ニーズからの脱却で早期人員確保を実現
企業の実情と派遣スタッフのニーズの合致点を見出すことが、早期人材確保のみならず、人材の安定供給をも実現します。
業務特性に合わせた外部人材活用法の選択
人それぞれに個性があるように、外部人材活用にも特色があります。労働者派遣のデメリットをBPOサービスが解消することだってあり得ます。
高スペック人材の獲得は「急がば回れ」で解決
過去の経験は陳腐化することはあっても消え去ることはありません。陳腐化した経験も磨き方次第で即戦力として光を取り戻すことが可能です。