最適な契約形態の選択でコンテンツ制作

派遣社員の活用で広報効果の高いコンテンツを短期制作
最適な契約形態の選択でコンテンツ制作

公共性の高い業務ほど、多くの方々に業務を理解していただく必要があります。一方、業務や取組みを外部に発信してくことは容易ではありません。派遣社員の活用は、短期間で広報効果の高いコンテンツ制作を実現します。

課 題

・公共性の高い仕事ではあるものの、自部門の仕事が外部に伝わりにくい
・理解を深めてもらえるよう、映像を用いた広報活動を実施したいが、自部門内に対応できる人材がいない

解 決

○第三者が自部門の業務を理解するため、要件を客観的に評価可能な外部人材を活用
○映像の内容・クオリティを作業を進めながら決定する必要性を考慮し、派遣契約での外部人材を受け入れ
○自部門の職員からの情報を集約し、撮影・動画制作・配信を実施

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■5~10分程度のショート動画を複数本作成する必要性を考慮し、直接指揮命令が可能な派遣契約を提案
■お客様のニーズを集約・映像化が可能なディレクション・映像制作経験者を派遣スタッフをして配置

1本あたり5~10分程度の動画を複数本、WEBサイトから配信する上、撮影から配信までの期限が短期間であったことを考慮し、ニーズを直接指示していただくことが可能な短期派遣契約を提案。ご担当の方からは業務の概要と動画ニーズをご指示いただくことで作業を進める。素材の選別、動画コンテンツの構成、音声の入力(英文あり)など、作業進捗にあわせたご相談・調整を行うことで、ご要望則した広報用コンテンツをリリース。

また、リリース後の更新・次年度の新規コンテンツ作成を念頭に、手順書を作成。リリース後、運用面のフォローを実施することで、内製化の支援を行い、業務を終了しました。

活用事例

テスト工程の自動化で工数削減と品質UPを両立
外部人材の有する経験・スキルの投入が、既存の業務フローに新たな視点をもたらし、業務の効率化と品質の向上をもたらします。
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模なプロジェクトにおいては、推進過程における外部人材の活用ポイントを絞り込むことがテーマです。
機能面までのマッチングが効率的作業に不可欠
どんな仕事も、成功のためには事前準備が必要です。人材派遣における派遣先・派遣元の業務に対する物差し
外部講師活用による情報リテラシーの向上
年間数日のみの業務は、属人的となる上、通常業務に多大な影響を与がちです。外部人材の活用で、社員への負荷軽減と業務精度を向上を実現可能です。
最適な契約形態の選択でコンテンツ制作
外部人材の活用における契約形態は重要です。請負契約で活用するか、派遣契約で活用するかは、依頼する業務の性質により異なります。
看護師の負担軽減と看護加算の獲得
混在している看護師業務を棚卸の上、外部人材を活用。サービスの向上のみならず、看護加算制度の活用を実現させました。