中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート

希少人材の活用は経験・スキルに合わせたジョブデザインが効果的
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート

大規模な開発プロジェクトの計画が進むも、担当者の工数は既にオーバーフロー。予想されるプロジェクトの始動直後からの混乱と遅延が予想される中、候補者の有する経験・スキルからジョブデザインを実現。

課 題

・大規模開発案件の年度内開始が決定するも、担当者の工数は既に一杯でなかなか準備が進まない
・新たな人材が確保できれば良いが、どこまでを外部人材に期待できるかも分からず依頼ができない

解 決

○財務会計の知識、パッケージの導入経験を有するSEを配置
○開発ベンダーとの要件・進捗の受け渡し役に配置し、担当者の工数を限定し準備を進行
○他企業での導入経験に起因する想定外の問題点も発見、導入リスクを軽減

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■プロジェクトにおける各工程・タスクを様々に掛け合わせ、複数の候補者像を仮定
■候補者のバックボーンに合わせて、プロジェクトにおける担当業務をデザイン

ターゲットとなる「会計システム」の導入に必要な工程を詳細にヒアリング、複数の要件を設定。「会計システム経験」という限定的な要件だけに囚われず、「簿記1級保有者」+「SE経験者」・「経理担当」から「SE」へのキャリアチェンジ組など、様々なバックボーンを持つ登録者の中から候補者をリストアップ。候補者に対し、継続的なアプローチとスカウトを実施。

結果、「財務会計知識」・「パッケージ導入経験」・「社内SEとして業務分析等実績」を複合的に有する人材を確保し、配置。専門性の高い外部人材を活用したプロジェクトの遂行を実現。

活用事例

テスト工程の自動化で工数削減と品質UPを両立
外部人材の有する経験・スキルの投入が、既存の業務フローに新たな視点をもたらし、業務の効率化と品質の向上をもたらします。
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模なプロジェクトにおいては、推進過程における外部人材の活用ポイントを絞り込むことがテーマです。
機能面までのマッチングが効率的作業に不可欠
どんな仕事も、成功のためには事前準備が必要です。人材派遣における派遣先・派遣元の業務に対する物差し
外部講師活用による情報リテラシーの向上
年間数日のみの業務は、属人的となる上、通常業務に多大な影響を与がちです。外部人材の活用で、社員への負荷軽減と業務精度を向上を実現可能です。
最適な契約形態の選択でコンテンツ制作
外部人材の活用における契約形態は重要です。請負契約で活用するか、派遣契約で活用するかは、依頼する業務の性質により異なります。
看護師の負担軽減と看護加算の獲得
混在している看護師業務を棚卸の上、外部人材を活用。サービスの向上のみならず、看護加算制度の活用を実現させました。