業務視点のパラダイムシフトと社員満足度の向上

マルチサポート人材の育成が既存メンバーの定着化に寄与
業務視点のパラダイムシフトと社員満足度の向上

24時間365日止めることの出来ないデータセンター。正常稼働を維持する運用・監視は、人手を削減することの困難な労働集約型業務です。マルチサポート型人材の受け入れは、プロジェクト横断型の「働き方改革」実現を加速度的にサポートします。

課 題

・シフト勤務による現場の為、有給休暇等シフトで割当られた休暇以外の休暇の取得が進まない
・退職による人員の減少が他メンバーの稼働に影響を及ぼし、定着率の低下・新たな退職者の発生といった悪循環に陥る

解 決

○各データセンターの運用ルールを整理し、全データセンター共通業務と各データセンターの独自業務とをすみ分け
○全データセンター共通の運用業務のみを習得した人員を育成し、人員不足の出たデータセンター間で相互フォローを実施

日本リック営業担当の取組み・提案内容

■データセンター横断型業務を取得した人材でマルチサポート部門を構築し、データセンター間での相互対応を実現
■マルチサポート人材の機動的配置で既存メンバーの業務を軽減、有給休暇の消化率も上がり、定着率も向上

ITインフラの運用サービスを提供する企業は、複数のデータセンターを、24時間365日の体制で運営しています。それぞれのデータセンターには専属の人員を配置していたため、各メンバーは自身が所属するデータセンターに紐づく全ての業務をこなしていました。この体制では、退職者が発生した際、減員した分の業務を、残りのメンバーに割り振る以外、打ち手が見えません。

業務を洗い出し、データセンター横断型の業務と独自の業務に分類し、横断型業務に特化した人材を育成することは、新メンバーの育成期間の短縮を実現。データセンター間の人員異動を機動的に行うことで、全ての運用工数の分散を実現します。データセンター毎の視点を業務毎の視点に切り替えるパラダイムシフトは、「働き方改革」を促進し、メンバーの就業満足度を向上させる契機となりました。

活用事例

業務特性に合わせた外部人材活用法の選択
人それぞれに個性があるように、外部人材活用にも特色があります。労働者派遣のデメリットをBPOサービスが解消することだってあり得ます。
高スペック人材の獲得は「急がば回れ」で解決
過去の経験は陳腐化することはあっても消え去ることはありません。陳腐化した経験も磨き方次第で即戦力として光を取り戻すことが可能です。
業務視点のパラダイムシフトと社員満足度の向上
労働集約色の強いデータセンター運用は、業務視点のパラダイムシフトによって、シフトにバッファを生み、社員満足度を向上させます。
事務作業軽減と診療報酬加算の獲得
医師事務作業専任の外部人材活用は、医師が提供する診療行為による患者満足度を向上させ、診療報酬加算の獲得をもたらします。
テスト工程の自動化で工数削減と品質UPを両立
外部人材の有する経験・スキルの投入が、既存の業務フローに新たな視点をもたらし、業務の効率化と品質の向上をもたらします。
中長期の開発計画に密着しプロジェクトの始動をサポート
大規模なプロジェクトにおいては、推進過程における外部人材の活用ポイントを絞り込むことがテーマです。